北斗市 函館市 工務店 来夢ハウス ホーム > こっそり教える家づくりの秘訣

こっそり教える家づくりの秘訣

部屋の温度2018.02.20更新

こんにちは、来夢ハウスの辻です

今日の朝ニュース番組で部屋の温度について話されていました

S_7503264985129

リスクが現れる温度は16℃となっています、これは寝室の温度がというのが一つの目安なのですが、夜に起きて廊下を通ってトイレに行く場合はその経路も同じ温度が望ましいですね


今断熱を強化するというのは特に寒冷地では必須のことになっていますがこれを見る限り全国共通で断熱は必須でしょう


特に全館暖房ではない住宅(トイレや廊下など部屋以外のところで暖房器具がない家)では暖房をしていなくても16度程度になるようにするというのは北海道では断熱性能を高めておかないと無理です


函館地域では今の省エネ基準の半分以下にしないとなかなか難しいでしょう


初期投資はかかりますが最終的にかかる暖房費用やさらには体のリスクを考えると良い投資ではないかと考えます


家づくりにはたくさん選ぶことがあります、設備機器の色や壁紙、床の色やドアの色、外壁の色などまだまだありますが断熱性能を選べる住宅会社はまだまだ少ないのが実情です


来夢ハウスでは断熱性能を選ぶことはできますので是非どんどん光熱費のことについて担当にお話しください

お客様が選ぶ家の標準仕様はお客様が選べたり消えることができなければいけないと思います


とはいっても断熱性能がどのくらい?とはなかなか聞きづらいとは思いますので、そんな時はいつでもお問い合わせくださいね


何度もブログでは登場していますがLINE@でどうぞ


何度もご紹介しているLINE@ですが、今回認証アカウントになりました

これでLINEの検索から

「来夢ハウス」

「辻木材」

「来夢ハウス辻木材」

でも検索することができるようになりましたのでぜひよろしくお願いいたします

あたらしいコミュニケーションツールとして、皆様により有益な情報を配信していきたいと思います

メンテナンスの動画配信やイベント情報などを今のところ考えています

是非ご家族全員でご登録よろしくお願いいたします

https://line.me/R/ti/p/%40limehouse

OYnndTv3yN

加湿と空気2018.02.17更新

こんにちは、来夢ハウスの辻です

何度か紹介しているパナソニック製の加湿器ですが、ついに買っていただいたお客様が7組目となりました

加湿がやはり皆様の中で必要であったということと、それだけ住宅の空気環境を気にされている方が多かったということだと思います


さて今回は加湿ももちろん重要なのですが

湿度ってどうやって見ていますか?


湿度計って意外と個々のばらつきが多いのです


それでまずは自分でチェック


ということでいつもお世話になっているamazonで買ってみました

S_7489416703433

湿度のわかる温度計から、カレンダー付の湿度計など全部で5つあります

(実はもう一つ買ったのですが湿度計がついていると思っていましたがついていなかったので目覚ましとして利用しています)

何度も届くAmazonからの荷物で何をやっているのかと疑惑の目を向けられながらも大体特性がわかりました


まず一番左のものはセイコーNR529S これは知る人ぞ知る10万円クラスの高価な湿度計と変わらない性能を持つといわれる製品です、ただこれ廃盤になってしまったのか手に入れることができません

左から2つ目はセイコーNR525W 同じピクシスブランドなので買ってみました

左から3つ目はセイコーSQ7581番目の次にお買い得な機種です

右から2番目、小さいものですがAD5687 結構マニアックな機種です

右端 シチズン THD501 これは屋外の気温がわかるというなんとも面白い機種です


右から2番目、AD5687はマニアックなのでお勧めしませんがそれ以外は時計が必要ならアラーム&電波時計なのでOK、外の気温の差がわかるのはTHD501

そこまで大きく湿度表示は変わらなかったのでどれでもよさそうです


外気温との差がわかるTHD501は今の時期家がさらに暖かく感じます


どちらにせよ何個も買うのはお勧めしません、家族の反対にあうと思いますので


詳しいこと聞きたい、という方がいらっしゃればぜひLINEでお問い合わせくださいね


湿度が大事といいますがまずは湿度が何パーセントかを把握するのが大切ですね



もう一つお知らせがあります


何度もご紹介しているLINE@ですが、今回認証アカウントになりました


これでLINEの検索から

「来夢ハウス」

「辻木材」

「来夢ハウス辻木材」

でも検索することができるようになりましたのでぜひよろしくお願いいたします


あたらしいコミュニケーションツールとして、皆様により有益な情報を配信していきたいと思います

メンテナンスの動画配信やイベント情報などを今のところ考えています

是非ご家族全員でご登録よろしくお願いいたします


https://line.me/R/ti/p/%40limehouse

OYnndTv3yN

2月3日見学会1日目2018.02.03更新

こんにちは、ライムハウスの辻です

本日は大町での見学会1日目でした


本日はお昼前後にたくさんのお客様がいらっしゃって会場内は盛況でした


今日はいつもに引き続き「加湿器」についてまたたくさん話ができました

やはり加湿に困っている方やこれからというかたが非常に多いんだなと思いました

それでも「うちの場合はどうしたらよいの?」とか聞いたほうが早いことがあると思います

そんな時は前回ご紹介した

LINEでのご相談お待ちしております

https://line.me/R/ti/p/%40limehouse

OYnndTv3yN

こちらかろ是非ご登録ください

今のところはすべて自分のほうでSNSやLINEの返信など行っておりますのでぜひ気軽に質問してくださいね


ちなみにこのライン

・登録しても誰が登録したかわからない

・1対1のトークは可能

・今のところ定期的に配信するものはなし

ということで登録するとしつこいDMなどが届く予定はありません、何か気になったことがある方は直接ご連絡いただければと思います


登録して損はありませんので是非お願いいたします

LINE@2018.01.30更新

こんばんは、来夢ハウスの辻です


珍しく住宅のことじゃないことです


以前ソファを購入したのですが、脚の部分に隙間が有りその部分を隠す物がないかと購入したメーカーと連絡を取ろうとした際にHPからお問い合わせの場所を探したところ「LINE」でお問い合わせくださいと記載がありました

その流れの通りLINEで問い合わせをしたところレスポンスが早く会話をしているような形でした

これは良いなと思いうちの会社でも思ったことや気になることを簡単に、時間を気にせず聞くことができ、またこちらからのお得な情報を流せると言うことだったので早速来夢ハウスでもLINE@を登録しました

是非是非皆様ご登録くださいね

どんなことがお得になるのか今模索中ですので配信はほとんど無いと思います、何か困ったこと等あればお気軽にLINEで連絡くださいね


https://line.me/R/ti/p/%40limehouse


OYnndTv3yN




加湿器2018.01.28更新

こんばんは、来夢ハウスの辻です


以前から何度か冬期間の加湿の重要性をお話ししていましたが

今回以前から紹介させていただいていた機器の新商品が出ましたのでそれについてご紹介いたします


まずは以前から紹介させていただいた加湿器は

kxp15_2

こちらのタイプです、Panasonicの加湿のみの大容量タイプ

こちらで30から40坪のお家で1台で良いのではという提案をさせていただいておりました

前回のラインナップからナノイー無しというのが無くなったようです


今回さらにこちらの上位機種

kxp23_2

kxp20_2

2つが発売されました、この2つの大きな違いは以前でいう弱ー中ー強のほかにターボ運転というものがあるかないかの違いです


これは買うしかないということで早速買ってみました

S_7376075028686

先日の東京が大雪だったときだったので少し遅くなりましたが届きました


まず届いてみての感想は


とにかく大きい


運送屋さんも大きい物届いてますとのこと


スペックは

・加湿量は1.3倍から1.5倍(ターボ運転可能機種)で文句なしです

・サイズが以前の物は奥行きが35センチ、幅、高さは40センチ弱だった物が新しい物は奥行きのみダウンで28センチ、幅56センチ、高さ70センチと2まわりほど大きく見えます

・消費電力は2割から3割ダウン

・強運転の時音が小さくなった(風量もそこまで感じづらくなった)

・タンクの形状が縦長から正方形型になって低い蛇口でも入れやすくなった

・フィルターが回転して加湿する方式から変わったのでカルキなどの汚れによる作動音がなくなった

・運転停止時にフィルターにナノイーを充満させる清潔モードがある


と大きさ以外はかなり満足です


これから予想されるデメリットは

・今までの方式と少し違いフィルターにポンプで水を補給する方式なのでポンプのメンテナンスがどうなのか

・タンクの場所が以前より入り組んでいるのでその部分のメンテナンス性

・以前の扇風機のような風の音はなくなったがナノイーを生成する際の電子音が気になる人はいるかもしれない


というようなかんじでしょうか


大きいのは事務所やオフィス用と思えばまぁ良いのかもしれません


加湿器はなるべく大型のを台数を少なくする方が良いと思います

なぜかというとメンテナンスと給水が面倒だからです


冬の暖房期間しか使わないので空気清浄機と一体の方がコンパクトで良いのですがなかなか加湿量が多い物が少ない

一度体験してみてください

実際加湿どうなのと言うことあればモデルハウスで体感してみませんか?

ご連絡いただければご用意します


メールでお問い合わせされる方はこちら
累計カウント :  昨日カウント :  本日カウント :