辻󠄀木材株式会社

大切な資金計画

FINANCIAL PLANNING

住宅を購入する際、ほとんどの方が使用される「住宅ローン」。
ひとくちに住宅ローンといっても、自己資金や返済額、税金、住宅補助によって選ぶローンは様々。
これからの暮らしにも関わってくる「大切なお金のこと」を、辻󠄀木材と一緒に考えてまいりましょう。

家づくりに必要なお金

家を建てるにあたって、「どれくらいかかるんだろう?」「安いと高いの基準はいくら?」と悩まれると思います。
まずはトータルで考えるよりも、ひとつひとつの内訳を把握し、
どこにお金をかけるか、削減するか、自分たちがどこまで支払えるかをあいまいではなく、明確に立ててまいりましょう。
家づくりで発生する費用の一例をご紹介いたします。

土地の費用など

土地代 / 土地諸経費(所有権移転登記 / 契約印紙 / 固定資産税日割分 / 媒介手数料)

家づくりの費用など

本体工事費(建物、内外装、標準設備)/ 別途工事費(解体費・地盤改良工事費・外構工事費・照明・カーテン・給排水、オプション設備など)/ 設計料 / 消費税

その他の費用

ローンの諸経費 / 金消契約印紙 / 火災保険 / 建物登記 / 引越費 / 仮住まい費 / 家具・家電購入費 など

これら、実際にかかる費用を合わせたものを総費用といいます。

ライフプランの見直し

実際に家を建ててから「どうしよう」と考えてもあとの祭り。いくら出せるか、いくら借りられるか、いくら返せるか、事前のライフプラン(人生設計)が重要です。

ローンを組むにあたって、長期を避けるために少しでも月の返済額を多くする。月の返済額に充てるため、現在の生活費を極限まで切り詰める。せっかく綺麗な家を建てても、生活が苦しくなってしまっては、夢のマイホームの意味がありません。

大切なのは、無理のないバランスで、今後の生活も楽しく過ごすこと。人生の三大支出である「家に欠けるお金」「教育費」「老後の為の貯蓄」この中のひとつも欠けることなく暮らしていけることが理想です。

まずは自分の状況を知り、きっちりとした計画を立てること。それには専門家の知識が必要です。辻󠄀木材では、どこよりも詳細なライフプランをいたします。家を建てるためだけのライフプランはいたしません。

建てた後に必要なお金

さて、家づくりにかかわる費用がわかったあとは、次は暮らし始めてからの「建ててからかかるお金」についてです。
まず最初に思い浮かぶのは住宅ローン、その次に光熱費、あとはもしもの時の家のメンテナンス費(修繕費)、他にも固定資産税、保険料、生活費、教育費、老後の為の貯蓄等…。
辻󠄀木材では、人生において「家」はとても重要なものと認識していますし、間違いではないと自信を持っています。
『建てて、アフターもしっかり』ではいまやどこの企業様も当たり前のように行っています。
辻󠄀木材では、その後に暮らす人生を見据えた、その人にあった家づくりを出来るかどうか。

素敵な家、ではなく、素敵な人生を送るための家、とわたしたちは考えています。