辻󠄀木材株式会社

施工実例

WORKS

ご夫妻の趣味を満足させ健康をもたらしてくれるお家

所在地 函館市駒場町
家族構成 2人(夫婦)
敷地面積 231.40m² / 69.99坪
延床面積 91.29m² / 27.61坪
i_gal220525_img01.jpg

道内ご出身のI様ご夫妻は、長年首都圏に住まわれていました。
住んでいたマンションが築40年の旧耐震でメンテナンス工事に多額な費用がかかりそうだったこと。南海トラフ地震や富士山噴火など、今後起こりそうな災害も気になっていました。そこに相続の件もあり、「いろいろなタイミングがあってね」とおっしゃるご主人。お兄様がお持ちになっていた函館の土地に新しくお家を建てることに。函館はお二人が出会われた土地でもありました。

相続の件で関わった信頼できる弁護士に辻木材を紹介されました。
地元に根ざして誠実に家づくりをしてきた辻木材は、厳しい社会をかいくぐってこられたご主人のお眼鏡にもかないました。

プランは半年間かけて、ご主人自ら絵を描いたりもしながら固めていきました。外観は重厚なお寺の建て方を元にアレンジを加えていき、玄関前の植栽、お庭、外の風景ともつながるように緻密に計算されました。

表からは、太い柱が支える軒を通り玄関へ。坪庭もある広い玄関から、お部屋と間違えるくらいに広い玄関ホールへ、そしてその奥がLDKです。
「デラックス感が出るのは玄関だから」とご主人がこだわりました。

リビングは、奥様の大切なコレクションを飾るキャビネットを壁の一面に配置することを中心に考えられました。ドアはハイドア、窓際のカーテンは天井のさらに上に設置したことで、広い空間を演出しています。真っ白な壁と天井に、上品な深い緑色のソファと絨毯が映えます。

こだわりの深さはお二人の豊富な経験の蓄積と多彩な趣味からにじみ出たもの。ヘラブナ釣りを初め本格的で多彩な趣味をお持ちのご主人と、60回を超える海外旅行でモノを見る目を養われてこられた奥様。「趣味はまったく違う」と声を揃えるお二人ですが、こだわりの強さは同じのようです。

リビングだけでなく、寝室、玄関などにも飾られている思い出の品を眺めたり触れていると、奥様は「記憶が鮮明に蘇ってるのね。そのおかげか、同年代の人よりも学生時代の記憶などもクリアなの」とおっしゃいます。好きなモノ、思い入れのあるモノに囲まれた生活は脳トレにもいいようです。それに「平屋は何をするにも家の中を歩くのね。いい運動になっています」と奥様。健康にはいいことずくめのようです。

ご主人は、家が出来上がってからも、家の居心地の良さを追求されています。お庭づくりを通してご近所の方との繋がりも増えていったそう。
「震度3の地震があったのに、気づきませんでした」と、耐震性能の良さも実感。安心安全と健康な生活を手に入れられたI様のお宅です。


i_gal220525_img02.jpg

一体感がありながらも、リビング、ダイニング、キッチンと役割を分けたつくりとなっているLDK。

明るい陽射しが差し込む大きな窓。窓をより大きく見せているのが、天井よりもさらに上に埋め込まれたカーテンボックス。扉のハイドアとともに天井をより高く空間を広く見せてくれる。

リビングの中心に据えられたキャビネットは、最初からこれを置くために、寸法を合わせて壁を設けたという。このキャビネットの中やその周囲には、奥様が海外で求められた自慢の逸品がずらりと並ぶ。


i_gal220525_img03.jpg

キッチンとリビングの間には飾り棚を設けて空間を分けている。

当初、キッチンの付き当たりにドア付けて勝手口にして、ゴミを表に出すなどに使おうと思っていたが、ドアは通路になるので物が置けなくなることなどからやめ、窓のみを付けた。

システムキッチンは家全体と合わせて真っ白に。清潔感があふれる。


i_gal220525_img04.jpg

秋には、イロハモミジ、灯台躑躅(ドウダンツツジ)で真っ赤に染まるという玄関前のお庭。
「その赤がドアの横のガラス窓に映ると、中から見てても綺麗なのよ。主人が計算していたんですね」と奥様。

熱交換式の換気システムの機械を置くために玄関の土間スペースが多少縮められたが、その分アクセント的な空間になり、シュロチクの大きな鉢を置き坪庭が生まれた。


i_gal220525_img05.jpg

坪庭のある玄関を上がった玄関ホールはとても幅広いスペースが確保されている。ご主人がデラックス感を出そうと最初からこだわっていたそう。

廊下というには幅広いこのスペースには、外に置くガーデンテーブルを置いていたこともある。ゆとりを感じさせるスペースだ。


i_gal220525_img06.jpg

玄関前と同じようにきれいにされているリビング側のお庭。
お庭の外は、お近くの方々が通る路地になっている。

きれいにしているお庭を眺めながら通る人もいたが、つい家の中のI様と目があってしまうと目をふせてしまうことも。通る方に気遣って目隠しを自らの手でつくることにしたご主人。目線が合わないことで、通る方が気遣いなくお庭を楽しまれるようになったそう。ご近所に仲の良いお友達もできたとか。

家が出来上がってからも手を入れ続けていくことで、より快適な生活ができていくことを身をもって示してくれている。


i_gal220525_img07.jpg

ご主人のお部屋は、パソコンデスクを中心に基地のよう。その周辺には趣味のものが数多くたいせつに置かれている。

数々のルアーや竿など自慢のヘラブナ釣りの道具、海釣りの道具、囲碁、そして写真などなど。数えあげたらキリがない。


i_gal220525_img08.jpg

壁にはお気に入りの絵などを飾り「その中に埋もれて過ごしたい」という奥様の寝室。

海外旅行の旅愁を感じさせる老舗のラジオ番組「JET STREA」をYouTubeで聴きながら過ごされる時間を楽しんでいるのだそう。


i_gal220525_img09.jpg

広いスペースを確保した、明るくモダンな雰囲気で落ち着ける空間になっている仏間。こちらにもお気に入りの絵を飾られている。


i_gal220525_img10.jpg

トイレを広くとった分、コンパクトになったが「顔を洗って洗濯するだけなのでこれで十分」という洗面室。温かいので、洗濯物は夜洗ったら朝には乾いているという。

他にも洗濯物が干せる場所はつくったが必要になったことはないのだそう。


i_gal220525_img11.jpg

お洋服はこちらのクローゼットに集約。
3面にハンガーラックと棚を設けて、たっぷりと収納できている。


i_gal220525_img12.jpg

「車椅子生活になったらたいへんだ」ということで、洗面室等が少し狭くはなっても広くスペースを確保したかったというトイレ。


i_gal220525_img13.jpg

ご主人の最初のご希望は、鎌倉の円覚寺などにみられる宝形で、カーブのついた曲線「むくり」を付けた屋根。ただそれだと、ご近所のお寺と同じになってしまうので、切妻の屋根にすることに。

重厚感を残すために軒は長く残し、大きな軒にふさわしい太く存在感のある柱で支えることに。大雪で車が埋もれてしまった経験から、カーポートをつくったが、外観のフォルムを崩さず、なるべく目立たないように計算して設置した。