辻󠄀木材株式会社

住まいづくりで大切なこと

PHILOSOPHY

辻󠄀木材が考える
住まいづくりに必要なこと

家づくりのわからない部分を明確にすること

家という大きな買い物をする時、いちばんの不安はやはりお金です。せっかく家を建てたのに、お金の心配事が増えてしまった。そのようなことは、絶対にあってはなりません。

そんな不安を解消し、必要な対策を打つ唯一の方法は、ライフプランを立てること。
ライフプランとは、家づくりを始め、住み始めてからの人生の収支を考え、これからかかる生活費はもちろん子供の教育費、車の買い替えや、保険の選び方から老後の資金にいたるまで、家計の未来を可視化し、“家づくりにかけていい金額”を試算することです。

計画の見通しが立てば、安心して家づくりに取り組んでいただくことが出来ます。私たちはすべてのお客様に対して、本格的に土地探しや家づくりの計画も含め、ライフプランを立てることをお勧めしています。

さらに、お金についてもう一つ大切なことは、最低でも30年単位のトータルコストを考えた家づくりです。住宅ローンという部分に注目してしまいがちですが、実際に新しい暮らしが始まるとランニングコストという住むために必要なコストが発生します。代表的なものは、月々の光熱費や定期的なメンテナンス費用。イニシャルコストを優先するあまり、光熱費やメンテナンス費がかかり過ぎる家になるのを私たちは望みません。

イニシャルコスト+ランニングコスト=トータルコストで考えるという視点。家づくりは、最低でも30年以上の期間でのコストパフォーマンスを確認することが大切です。

辻󠄀木材では、北海道という気候の厳しい場所だからこそ、月々(特に冬期間)の光熱費のかからない構造や、更にメンテナンスに有利な部材を追求し工夫する家づくりをしています。