こんにちは(*^^*)!

設計部の江刺家です

今回お話する内容は、より天井を高く見せる視覚効果についてですが...

こちらの写真(石川町にあるモデルハウスのLDK)、

リビングの天井高をより高く見せるために、とある工夫をしております...!

その工夫とはなんでしょう...?

3V9A7077-3-2.jpg    3V9A7084-3-2.jpg

① 床材に明るい色を使用している

② 入口ドアや引き戸の高さを標準のものより背の低いものを使用している

③ リビング以外(和室・ダイニング)の天井高を標準の高さより下げている

( みなさんも考えてみてくださいね(´-`).。oO )

答えは...

③の「リビング以外(和室・ダイニング)の天井高を標準の高さより下げている」です!

標準の天井の高さは、2m40cmとなっておりますが、

こちらのお家では、リビングを2m50cmに上げるとともに、

和室・ダイニングの天井高を2m30cmに下げております...!

20cmの段差を付けることによって、

よりリビングが上に突け抜けたように感じますよね(^^♪

他の部分はより低く、天井を上げた部分はより高く見えるので

天井を高くした以上の効果があります★

広く見せる際には、逆に狭くしてみるということも同時に行うと効果が倍増しますので、

みなさんもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか(*'▽')♪

この記事を書いた人

江刺家 千紘

江刺家 千紘

毎日笑顔で暮らせるよう、お客様のこだわりが詰まった一生の住処(すみか)をご提案いたします。一緒にお家づくりを楽しみましょう!