こんにちは(^^)

工事部の大川です!

私は工事現場の管理、お客様との仕様の打ち合わせを担当しております。

本日はその仕様打ち合わせでお話しするサッシの事についてご紹介したいと思います!

通常、仕様打ち合わせで決めるサッシの事といえば外から見たときの枠の部分の色を

決める事がメインです。

ですが、当社ではもう1つ【ガラスの色】を選びます!

YKKAPさんの商品ではトリプルガラス日射遮蔽型ダブルLOW-Eのブルーと

トリプルサッシ日射取得型シングルLOW-Eのニュートラルカラーの2色を採用しております。

日射遮蔽型では外から日射で熱が室内に入ってくるのが30%で、日射取得型では47%です。

冬は太陽の熱をうまく利用して暖房費用を低減することができる為、

日がよく入る南面の一部の窓は日射取得型のシングルLOW-Eのガラスとしています!!

実際にガラスサンプルを見てみると色の違いはあまりわかりません。

Photo_21-08-09-18-09-00.675.jpg

面によって色を替える事に抵抗があるかもしれませんが、このカラーは言われなければ気がつかないくらいの違いなので外観のデザインを損なうこともありません!

Photo_21-08-09-18-09-01.657.jpg

サンプルは当社ショールームにもございます。

写真ではなかなか分かりにくいので、気になる方は是非担当スタッフにお問い合わせください!

この記事を書いた人

大川 ひより

大川 ひより

美術の経験を活かしたデザインのご提案で、お客様一人一人の住みたい家、心地よい空間について一緒に考えます。