辻󠄀木材株式会社

施工実例

WORKS

家族の存在が間近に吹き抜けのある開放的な家

所在地 函館市山の手
家族構成 4人(夫婦+子供2人)
敷地面積 198.67m² / 60.09坪
延床面積 113.44m² / 34.31坪

「家をつくるなら、家族のつながりができる吹き抜けがつくりたかった」

K様の思いがつまったリビングは、シーリングファンがまわる開放的な吹き抜けと、高窓からたっぷり光が入る明るい空間が印象的です。
「子どもたちが2階にいても気配を感じたかったので、吹き抜けは2階ホールからリビングを見下ろすつくりにしました」とご主人。


奥様のリクエストは、キッチンからリビングと隣の洋室に目が届くこと。
「子どもが遊んでいても安心ですし、テレビを見ながら料理できるところもお気に入りです」お子様が独立した後、1階だけで生活が完結する老後の暮らしも考えました。
リビングに隣接する洋室を寝室として使えるように、ゆったりとスペースを確保しました。現在はセカンドリビングとして活用中です。


洗面脱衣室やキッチン、リビングへの回遊式動線はお子様が外から帰ってきたとき、直接手洗い、うがいができればよいのではという来夢ハウスの加藤氏の提案で設置しました。
「回遊式ではない動線と2パターン間取りをつくってもらいましたが、ご提案の形を採用して正解でした」と奥様はおっしゃいます。