こんにちは、営業の加藤です。

現在、家づくりを考えられているお客様の多くは

住宅ローンを利用されます。

住宅ローンの商品は数多くあり、

「どのローンが自分たちに最適なのか?」が、とても分かりにくく

選択が難しいものでもあります。

まずはこちらをご覧ください。

20210904084315870_0001.jpg

こちらの表は、住宅ローンに代表される「フラット35」の金利の推移表になります。

12~13年前の3%台を上限に下降を続け、ここ数年は1.3%前後で推移しています。

現在、住宅ローンの金利は史上最低水準にあることは確かですが、

数ある住宅ローンの中から、安易に低金利のローンを選ぶことには注意が必要です。

この史上最低金利が、いつまで続くのかが不透明というのが理由です。

住宅ローンは数十年にわたって返済していかなければならないことから、

しっかりとその仕組みを理解した上で選択する必要があります。

例えば、最も利用される方が多い「3年固定型」という住宅ローンですと、

当初3年間は決まった金利での低金利が約束されますが、

4年目以降は金利が何%になるかは分かりません。

一つ言える事は、確実に当初3年間より上がった金利になるという事です。

そのような仕組みを踏まえた上で選ばれた住宅ローンであれば問題ないのですが、

意外とデメリットを知らずにローンを組まれている場合が多かったりします。

メリットだけでなくデメリットも含め、分かりにくく複雑な住宅ローンを、

少しでも分かりやすい言葉でお話させて頂いておりますので、

ちょっとした疑問でも構いません、お気軽にお声がけ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

加藤 宏樹

加藤 宏樹

元経理の経験を活かして、住宅ローンから家づくりにかかわる諸費用などを分かりやすくお伝えし、安心して家づくりができるパートナーになります。