こんにちは、辻です

S__102334467.jpg

全ての部屋の温度を最小限の熱源機でコントロールする当社のモデルハウスは屋根のスペースを使ってエアコンを設置し各部屋に送風をしていました

この方法にはメリットもデメリットもあるのですが

やはり高断熱高気密住宅で冷暖房の計画までしなければ少しの熱で温度が上下してしまい、制御がなかなか難しくなると思われます

その中で暖房計画に関して北海道は全ての部屋にパネルを設置し家中どこでもほとんど同じ温度にすることができますが冷房は各部屋のエアコンに頼るしかないのが現状です

しかし、1.2階に1台づつエアコンを配置し、そこから各部屋に空調計画をし、その熱源をまとめることができるのがこのシステムです

深夜電力を使ったオール電化(蓄熱暖房機を利用した)でオール電化は非効率と思われる方も多いと思いますが、自宅で作ることのできる唯一のエネルギーは今のところ電気のみです(小型の風力発電は除く)

となると、そのシステムと合わせることができればかなり効率的なのではないかと思います

今たくさんの検証中で、もしこれから少しずつ進んでいけばまずはモニターさんを募集して行わせていただきたいと思います

その際にはHPにて周知をいたしますが、これから家づくりを始める方、またはこれから(暖房の)打ち合わせをされる方でご興味のある方は担当の営業や設計、工事スタッフに一度お声掛けいただければと思います

この記事を書いた人

代表

代表

代表の辻󠄀です。スタッフ全員でお客様の家づくりに真摯に取り組み、プロとしてお客様に良い家を提供していきます。